ビートマニア2dxのモバイルアプリ版が配信開始されました!

音ゲー

長らく家庭用ソフトが発売されなかったビートマニアですが、なんと、2019年12月9日モバイルアプリとして配信スタートしました。スマホでも楽しめるビートマニア。

僕的にはPS4で発売して欲しいとずっと思っていますが、せっかくなので早速アプリをダウンロードして遊びました。

使っている端末はiPadとiPod touchで、ともに第7世代を使用しています。

このゲームの場合カクつきはあまり気にならなかったのですが、下の記事に書いた太鼓の達人をプレイした時と同じものを感じました。アプリ音ゲーというのはそういうものなのかもしれません。

ちなみに今回はビートマニアですがキー音がなくなって、タッチ音だけになっていますね。これは手間がかかるのでしょうがないのかなと思います。

無料で遊べる部分

配信日現在無料で遊べるのは100曲ですが、BEGINNERとNORMAL難易度のみが選択できます。曲をプレイするのにAPという単位が必要で、最大値は100です。今収録されている曲では10~20の消費量で2分に1回復するようです。

OPTIONはこんな感じです。

同時押しを三つ以上か二つまでにするのか全くなしかを選べるのはいいですね。

無料で遊べる部分だけでもレベル6以上が35曲はあり、BEGINNER難易度も充実しているので初心者から上級者まで、とりあえず誰でも楽しめるように作られていると思います。

課金部分

月額980円のアルティメットサービスと月額480円のスタンダードサービスがあるようです。

アルティメットサービススタンダードサービス
GAME PLAY全曲ANOTHERまでの全譜面が遊べる全曲HYPER譜面までが遊べる
GAME VIEW使用可能使用不可
MUSIC PLAYER使用可能使用可能

いずれかのサービスに入るとGAME PLAYのAPの制限がなくなり、無制限に全曲が遊べます。何曲あるか数えようとしたら、これ1000曲以上あります。

GAME VIEW

GAME VIEWモードは曲のオートプレイです。リピート開始点と終了点を設定してエンドレスリピートできます。シングルプレーとダブルプレーまで対応しているので、アーケードプレイの練習に使えますね。

MUSIC PLAYER

MUSIC PLAYERモードはビートマニアのほぼ全曲を対象とした音楽を聴くモードで、30枚のサントラアルバムの中から曲を選んでプレーリストにして聴く事ができる、スイッチ版スマブラレベルの豪華サウンドテストとなっています。

現時点では、画面を消したら再生が止まってしまうみたいですが。

また、このアプリの配信開始に合わせて「beatmania 2DX 専用コントローラ エントリーモデル」の再販売が開始したようです。

PC版ビートマニアINFINITASでも使えるコントローラでアプリ版も楽しめるので、いつかコントローラに「課金」して遊んでみたいと思っています。

感想

まだ少ししか遊んでいませんが、めちゃ楽しいですね!

親指プレイヤーとしては、iPadで縦画面プレイにして同時押しをなしにした上でレベル9くらいの譜面をプレイするのが一番楽しめました。階段譜面はカイリキーに進化しないと無理ゲーですが…

タッチ後、横にスライドしても他のボタンを反応させる事が出来ないので、できれば反応するようにもしてもらえれば少しは親指でもできるようになるかも。

できるかっ… んなもん…

iPadなら画面が大きいのでタッチミスもほとんどなく、縦画面なら端まで指も届くのでjubeat・REFLEC BEATに続き僕の中でiPad向きの音ゲーが増えました。(全部ビートマニアシリーズなのは偶然ですかね。)

しかし、iPod touchの場合横画面プレイにしないと狭すぎて指が被って難しいです。横画面でもちょっと辛いけどまあまあ楽しめるはず。

そして高難易度譜面はコントローラを使うか横画面iPadで複数指プレイをしないと厳しいでしょうね。

僕はアーケードプレイヤーではないので、ビートマニアが上手ではないですがiPad横画面複数指プレイを試してみたら意外とコントローラプレイと感覚が似ていて、上手な人なら十分プレイできるかもしれないと思いました。

ポップンミュージックポータブル2の最難関曲「シュレーディンガーの猫」(トイコンテンポラリー)が収録されていたので、複数指プレイでクリアするまで粘着していたら手首が筋肉痛になったので今回はプレイを断念しました。悔しい。

あとちょっとでクリアいけそう?

また楽しい音ゲーが増えてしまって時間が足りません笑「beatmania 2DX ULTIMATE MOBILE」の紹介でした。

音ゲー
シェアする
0と1

コメント