Apple Pencilの選び方 1と2の違いを比較してみた。

ガジェット

自分は今、「iPad7とApple Pencil1」の組み合わせと、「iPad mini6とApple Pencil2」の組み合わせを両方持っており、それぞれを使って漢検などの勉強やお絵描きなどを楽しんできましたが、この辺りでアップルペンシル1と2について比較する記事を書いてみたいと思います。

比較的安価に入手できるiPad+Apple Pencil1
機能に優れるiPad mini/Air/Pro+Apple Pencil2
皆さんはどちらが好みでしょうか。

Apple Pencil 対応iPad

とはいえ、Apple Pencilにはそれぞれ対応するiPadの種類があり、対応する機種以外では使用することが出来ないので、まずは2021年最新の対応機種一覧を書き出すと以下の通り。

Apple Pencil1Apple Pencil2
iPad第6世代
第7世代
第8世代
第9世代
iPad mini第5世代第6世代
iPad Air第3世代第4世代
iPad Pro9.7インチ
10.5インチ
12,9インチ第1世代
12,9インチ第2世代
11インチ第1世代
11インチ第2世代
11インチ第3世代
12.9インチ第3世代
12.9インチ第4世代
12.9インチ第5世代

上記を見るとわかる通り、基本的にはApple Pencil2が登場してから新しく発売されたiPadのシリーズはApple Pencil2に対応してきていて、現在最新の世代でApple Pencil1に対応しているのはiPad(第9世代)のみです。

iPad(無印)は元々iPadシリーズのエントリーモデルのようなものなので、無印シリーズだけは今後もApple Pencil1だけの対応が続くかもしれませんが、他のシリーズでは今後も使えるApple Pencilは2だけだと思うので今から1を買おうとしている人はそこだけ注意。

Apple Pencil 1と2の比較

スペック

Apple公式ページでは、pencil1と2のスペックが次のように記されています。

Apple Pencil1Apple Pencil2
長さ175.7mm(先端からキャップまでの長さ)166mm
直径8.9mm8.9mm
重量20.7g20.7g
付属物Lightningアダプタ・予備の先端

ペンの太さと重さは1と2で変わらず、長さは1のみキャップの取り外し機構がある分若干長くなっています。

他に感じた違いとして全体的なペンの触り心地が違い、1はツルツルな感じで、2はマットな仕上がりです。好みは分かれるでしょうが、個人的には2が好きかな。

ちなみに付属物として1には替えのペン先と充電用アダプタがついています。
2には替えのペン先はついてなかったね。(泣)

充電方法

Apple Pencil1は上記のアダプタを使うか…
iPad本体のLightningコネクタにペンを直接挿して充電します。

カブトガニとか言わないの!

しかし、Apple Pencil2ではiPad本体側面の磁石面にくっつけることで充電が出来るようになり、そのまま本体とペンを一体にして保管できるのでかなり便利になりました。

充電と保管が同時にできる神仕様。

ツール切り替え(ダブルタップ)

ペンシル1と2の決定的な違いがこのツール切り替え機能。

ペンシル2ではペンの根本付近を指で2回タップすると、事前に「設定」で決めておいたツール切り替え機能が発動します。

  1. 現在使用中のツールと消しゴムの切り替え
  2. 現在使用中と前回使用したツールの切り替え
  3. カラーパレットを表示

自分はApple Pencilで文字を書くのが中心なので1.の消しゴム切り替えを中心に使用していますが、この機能のおかげでペンと消しゴムを切り替える時にかかる1~2秒を毎回短縮出来ていると思うとかなり便利ですよね。

カラーパレットは本格的な絵を描くときに便利なのだろう。

最後に

充電・保管方法の便利さツール切り替え機能の存在によって、僕的には断然Apple Pencil2が好きです。

しかし、そもそもペン自体の価格が2の方が高いというのと、そのセットとなるiPad本体も今現在はお高めのものしかないので、Apple Pencilを使いたいけど価格を抑えたいという人は1を検討してもいいのではないでしょうか。という結論ですかね。

ちなみにiPad mini6に下の絵のいい感じのペーパーライクフィルムを貼ってまさに紙のような描きごごちになったのでおすすめ。

コメント