MacBookを持ち運ぶリュックはApple公認のインケースがおすすめ[Incase City Compact Backpack]

雑記

MacBookPro、MacBookAirでこのブログを書いていますが、今まではこれらのパソコンを家の中の範囲でしか使っていませんでした。

外にMacのノートパソコンを持ち運んで「スタバでドヤ顔族」にはなりたくありませんが、外にMacを持ち出すとしたらどんなリュックがあるかなと検索してみたところ、Apple公認だという冠のついたバックパックを発見した次第であります。

それがApple公式パートナーブランド「インケース(Incase)」の製品で、中でも一番人気の「City Compact Backpack」というシリーズのブラックカラーを今回入手しました。

(Akibaヨドバシカメラに見に行ったところ定価の17,050円だったので、価格が安いAmazonで購入。ちなみに自分が購入した時は15,345円+ポイントがついてかなりお得でした。Amazonでは色によっては11,000円台のものも。)

インケース シティコンパクトバックパック レビュー

段ボールの中でプチプチに包まれてやってきたそのリュックは、シンプルな見た目抜群の機能性を併せ持った僕好みのリュックで、個人的にかなりお気に入りの一品となりました!

それでは「INCASE CITY COMPACT BACKPACK」がどんな感じの製品か紹介していきます!

正面から
横から

↑の写真を図にして収納スペースとチャックの位置を図で示すとこんな感じ。

というわけで、三つの収納スペースについて説明してみる。

①正面上段チャックの小さな収納スペース

正面上の収納はモコモコの素材で包まれている小さなスペースで、自分的には財布と携帯電話(iPhone)を入れる場所として活用するつもりです。容量的にもそれくらいで一杯な感じ。

この収納場所の正体はメイン収納スペースにつながっている小袋状のスペースで、上の写真で手に持っている部分です。(メインスペースの説明は後ほど。)
モコモコの素材であることとバッグ内の位置的に携帯を入れてもしっかり衝撃から守られる場所となっているでしょう。

②正面中段チャックの収納スペース

正面中段チャックの収納スペースは縦横の長さ的にはバッグ自体の縦横とほぼ同じですが奥行きはあまりないです。

また、中にはペンを入れるスペースも用意されている仕切りとなる薄い生地もあり、奥にiPadを入れると上の写真のようにちょうどよく収納されました。(apple pencil1・2も入れてみた)

とはいえ耐衝撃の観点から言うとこのスペースが一番弱いはずなので、精密機械より本や紙のファイルなどを入れるのが最適か。

③本体上チャックのメイン収納スペース

メインとなる収納スペースには衝撃から守るための360°プロテクト構造によって囲まれたノートパソコンを入れるための専用スペースが!(そこに他のものを入れてもいいのでしょうが…)

↓MacBookPro15インチモデルin

パソコンスペース・広い収納スペース・網目状で囲まれた収納スペースの三つがこのチャック内に含まれています。(前述した正面上チャックのスペースも上の写真に見えていますね。)

網目状のスペースにケーブルや充電器の類をまとめて置いて、残る広い収納スペースに何を入れるかは考え中。

スペック

サイズ約H46 × W33 × D13cm
容量約19.7L
重さ約0.8kg
公式サイトより

最後に

iPhone・iPad・MacBookを入れてなお、それなりに物の入る収納スペースがあるので、自分の使い方では荷物の持ち運びに関してはこれ一個で運用出来そう。

MacBook・iPhone・iPad・iPad mini・iPod touch…Apple最高!

何よりApple公認と言うIncaseブランドの魅力によって、Apple信者の僕には購入不可避でした笑
次は旅行カバンで良いものを見つけたい。

今回は「INCASE CITY COMPACT BACKPACK」のレビューでした。

コメント