「コネクトフォー」の遊び方 対戦のコツを考察

ゲーム

世界のアソビ大全51に収録されているゲームの考察シリーズ。

今回は「コネクトフォー」です。

コネクトフォーの遊び方

プレイ人数2人
プレイ時間の目安30秒〜5分

横7×縦6マスのフィールド上に、2人のプレイヤーが交代でコマを積み上げていって、相手よりも先に四つのコマを並べた方が勝ちとなるゲームです。

  • プレイヤーは空いている列に下からコマを積み上げていく
  • 勝利条件のコマ四つの並べ方は縦・横・斜めどれでもいい
  • 全てのマスが埋まっても勝敗がつかない場合は引き分け

コネクトフォー 僕の考察

このゲームで勝利する方法は三つあるように思います。

  1. 相手に気付かれないようにリーチを作る
  2. 一手で同時に二つのリーチを作る
  3. 相手が自分のビンゴを成立させる場所に置くしかない状況を作る

相手に気付かれないようにリーチを作るといっても、それは相手次第であって特に解説できないので後半の二つについて考えてみる。(斜めは気付きにくいね)

一手で同時に二つのリーチを作る

上の写真では6手目の赤で横のリーチを作った時、その左側も右側も空いている状況なので赤のダブルリーチとなります。

その場合、次の手で黄色がどちらのリーチを潰しても、さらに次の赤の手でもう一方のリーチにコマを落とすことが出来るため勝利が確定します。

考察

このパターンはいろんな状況から発生しうる可能性があるため、相手のコマが二つ以上並んでいる場合は常に注意が必要です。

上の写真のように、縦と斜めのダブルリーチを作る一手や…

横と斜めのダブルリーチもありえます。

  1. 横に二つ相手のコマが並んでいてその左右も空いている場合必ず潰す
  2. 一つ置くことで縦と斜め、横と斜めなどのダブルリーチとなるマスに注意する
  3. 可能な限り、相手のコマが三つ並ぶ前に潰す

相手が自分のビンゴを成立させる場所に置くしかない状況を作る

上の写真では、下から二段目に赤のダブルリーチが成立しています。

その後、数字のように交互にコマを置いていくことになりますが、どう置いても他の列のマスが埋まってしまうために、最終的に必ず10の数字の場所のどちらかに黄色のコマが置かれます。
そのため、写真の状況では赤のダブルリーチがこの場所に成立した時点で赤の勝利がほぼ確定していたことになります。

考察

ルールでは横7×縦6マスのフィールドを使っているため、例えば、ある1列に1つもコマを入れずに空けておいて、他の列のマスが全て埋まっている状況を作ると必ず先攻から空いている列にコマを入れていくことになります。

この仕様を頭に入れておくことで、最後の1列で勝負を決めるために先読みした置き方が可能になります。

先攻は1・3・5行目、後攻は2・4・6行目の横のコマやそこから斜めのコマが重要になることを覚えておくと上級者になれるでしょう。

ちなみに、状況によっては上の写真のような序盤でもすでに勝敗が決している場合もあります。

  1. 状況を先読みしてリーチを作る
  2. 先攻・後攻によって注意するべきポイントが違う

まとめ

一対一のシンプルな頭脳バトル「コネクトフォー」

短い時間で熱い駆け引きが楽しめます。このゲームの勝負は1手目から始まっているので最初から一つ一つ考えながら置いていきましょう!

アソビ大全51考察一覧に戻る

コメント