太鼓の達人Vバージョン PSVITA 感想

音ゲー

PS4版から太鼓の達人にハマった僕です。2ヶ月くらいPS4版で遊んで、他の作品もプレイしてみたいと思ったのでお手軽に遊べそうなVITA版をまず買ってみました。

そして全曲プレイし終えたので、今回はVITAで発売された「太鼓の達人 Vバージョン」について紹介します。

収録曲

デフォルト77曲の隠し9曲で全86曲と多いです。さらにDLCによって最大170曲でした。現在は一部の曲は配信を終了してしまっています。

まず隠し曲は全てストーリーモードにあたる「ドンだークエスト」で特定のクエストをクリアすることで解放します。それにかかった時間は5時間もかからないくらいだったと思います。

今作の特徴として、アニメボーカロイドゲームミュージックが豊富で、Vバージョンでしか遊べない曲が数多くあるというのが最大のセールスポイントですね。

アプリ版を除いて、家庭用太鼓の達人で今作でしか遊ぶことができない曲は現時点で

  • J-POP:5曲
  • アニメ:16曲(内4曲配信終了)
  • ボーカロイド曲:7曲
  • バラエティ:5曲
  • ゲームミュージック:22曲
  • ナムコオリジナル;8曲

合計63曲!

Vバージョンでしか遊べない☆7~9の曲が多くあるので、PS4版と合わせて、PS4で遊べない曲はVITAで遊ぶというスタイルで僕は遊んでいます。

オススメ曲

アニメ曲

  • Bravely You
    • 普通に曲が好きで、多く出てくる3連打が楽しい。
  • Checkmate!?
    • 低BPM。だがしかし、技巧的な譜面。

ボーカロイド曲

  • ストリーミングハート
    • 最後のカッ地帯が好き。
  • 有頂天ビバーチェ
    • 単純ながら、よく曲と合っているドンカツが叩いていてかなり楽しい譜面。

ゲームミュージック曲

  • TO MAKE THE END OF BATTLE
    • この譜面はセンスありますね!
  • Dr.WILY STAGE 1
    • 609(ロック)コンボ。初見時「ティウン」必至。

操作感

VITAはタッチパネルですが、DSやアプリ版のようにタッチによるプレイはできません。しかし、曲選択ではタッチ&スライドで一曲ずつの移動ではなく一気に流すように曲選択ができるので、曲選択の快適さは太鼓の達人史上ナンバーワンですね。

VITAのボタンは硬いため、PS4コントローラーなどと比べると連打しづらい感はあると思いますね。それでも慣れればそこまでプレイに不便は感じないかなと思う程度で、個人的にはPS4コントローラーでのプレイを10の実力としたらVITAプレイだと8に落ちる感じ。しかし、VITAでプレイするチャーリーダッシュや≠MMの難しさ。それに限らず、密度が高い曲やBPMが早い曲は他の機種でのプレイに任せるとして、やはり☆7~9の曲でカジュアルに遊んでいくというのがオススメですかね。

ロード時間は十分早いです。「はじめからやりなおす」は一瞬でリトライしますし、曲を選んだ時の読み込みも約5秒くらいでストレスはなく、気軽にプレイできます。あとPS4版と同じく曲の好きな部分を練習できるモードもあるので、そこは嬉しい。

さらに僕が一番いいと思うのはVITA本体のスリープ機能で、電源ボタンで一瞬で起動・スリープを切り替えられて、電池も放置してても1ヶ月は持ちますからね。3DS版もプレイしていますが、3DSのスリープだと2日も持たず、いちいち電源オフにするのが煩わしいのでこの点VITAはとても優秀です。

画質も当然3DS版より圧倒的にキレイなので、携帯できる太鼓の達人としてVITAを持っているなら「太鼓の達人 Vバージョン」はかなりオススメです。難点があるとしたら、なぜかゲーム中スクリーンショットが取れないことですね。そのためこの記事には画像が使えず、操作感と曲の紹介に徹したのです。(;_;)

といってもゲームモードは

  • 演奏ゲーム
  • ドンだークエスト
  • 太鼓トレーニング
  • きせかえ
  • スタンプ帳
  • 追加コンテンツ
  • ゲーム設定

しかなく、誰もが知っている太鼓の達人なので今回は文字だけでも十分かと思う。

音ゲー
シェアする
0と1

コメント