もしもで作れるAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングへのかんたんリンクが便利

ブログ

ブログ開始10日ほどでAmazonアソシエイトに承認されてから、最初は専用サイト「アソシエイトセントラル」で、途中からAmazon公式プラグイン「Amazonアソシエイトリンクビルダー」を使ってAmazonリンクを作ってきましたが、2020年の3月でリンクビルダープラグインの機能が停止してしまったので、新しくAmazonリンクを作る手段としてブログにもしもを導入することにしました。

このもしもの「かんたんリンク」機能が非常に便利で今後も使っていくことになったため、今回はその紹介をしておきます。

もしものかんたんリンクが便利

最初は、リンクビルダープラグインの代わりにAmazonリンクを作成するための手段を探して、仕方なくもしもに登録しましたが実際にリンクを作ってみるとこれがかなり便利なのでした。

まず、下の画像の左側がリンクビルダーで作ったAmazonリンクで、右側がアソシエイトセントラルの商品リンクから作ったAmazonリンクです。

そして下が実際にもしものかんたんリンク機能で作ったAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングへの各リンクです。

このようにAmazonだけでなく、楽天とYahoo!へのリンクも同時に表示できるというのが非常に便利で、もしブログを一から始めてAmazonリンクを使いたい場合、Amazonアソシエイトに直接申請して承認されるよりも、もしも経由で申請してAmazonに承認された方がいいと今は思っています。

自分のレポートでは、使われたリンクの割合はAmazonユーザー7割・楽天ユーザー2割・Yahoo!ユーザー1割という感じです。
やはりAmazonリンクが一番重要ですが、Amazon以外のリンクも設置されていることで実際に「取りこぼし」の防止になっています。

見た目が良い

Amazonアソシエイトセントラルで作れる商品リンクをそのまま貼り付けた時の見た目ははっきり言ってあまりよろしく無い。

このリンクを使うくらいならいっそ無い方が良いレベル。

それに比べて上のもしものかんたんリンクは見た目が良い感じなので気に入りました。

記事中どこでも使える

Amazonアソシエイトリンクビルダープラグインの欠点が、記事の最後以外で使うと表示がおかしくなることでした。(これって僕だけだったんですかね?)

しかし、もしものかんたんリンクならば記事中の好きなところで貼ることができるため、ただ単に画像としてブログ記事を華やかにするために商品リンクを使ったり、記事中の話題を変えるときに商品リンクを挟むなどの新たなテクニックを使えるようになりました。

使い方

もしもの公式サイトから自分のサイトを登録したら、プロモーション検索から

[Yahoo!ショッピング]商品購入・「Amazon.co.jp」商品購入・楽天市場の商品購入

この三つを探して提携申し込みをします。

この三つ。

楽天とYahoo!は審査がないため申し込んだ瞬間から使えるようになりますが、Amazonだけは審査があって、申し込んでから実際に使えるようになるまで僕の場合は一週間ほどかかりました。

かんたんリンク

自分のサイトとそれぞれのプロモーションらを提携することができたら、

  1. もしものかんたんリンクのページから商品名検索
  2. 商品一覧の中から選択した商品がプレビューに表示されるのでそれでOKならHTMLソースをコピー
  3. 自分の場合ワードプレスでカスタムHTMLブロックに貼り付けて使用しています。

結果:Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングのリンクをかんたんに作れてすごい!笑笑

コメント