音ゲー ミラクルガールズフェスティバル PSVITA

音ゲー

PSVITAのリズムゲーム「ミラクルガールズフェスティバル」

人気アニメ10+1作品が集まったまさに奇跡の(ミラクルな)リズムゲームで、誰でも楽しめます。

音ゲーマー視点

「ワンマンライブ」モードが好きな楽曲をプレイするモード。

難易度はEXTREME/HARD/NORMAL/EASYの4種類と思ってもらえれば良いです。
最初はEASYとNORMALのみ選択可能で、各曲で条件を満たすと難易度や、フルサイズバージョンの楽曲が解放されます

判定はCOOL/FINE/SAFE/SAD/WORSTの5種類で、
FINE以上でコンボが繋がる。体感的に判定の厳しさは初音ミクDIVAシリーズと同じ。

楽曲の最高評価はMIRACLEで、フルコンボのことです。

曲の長さはアニメのOP・EDサイズということで大体1分30秒でしょう。
しかしフルバージョンの場合、曲のフルサイズそのままの長さです。

ビンゴを揃えて解放。

操作

流れてくるアイコンは○・×・△・□で、対応した方向キーかボタンを使う。矢印アイコンが流れてきた場合は左右の同時押しで、長くつながった長押しアイコンの場合、終点でタイミングよく離す必要がある。

要するに、VITAまでの初音ミクDIVAシリーズと同じということでしょう。

楽曲の解放

「ワンマンライブ」で最初から遊べるのは2曲。解放していくとさらに20曲プレイ可能になり、全22曲

僕が全曲解放にかかった時間:3時間未満

今作の楽曲の解放は、ストーリーにあたる「ツアー」モードを進めていき、「ツアー」モードでプレイ可能になるタイミングで「ワンマンライブ」でもプレイ可能になる曲が10曲。

曲をプレイすることでもらえる「ミラクルコイン」を使って好きなタイミングでいつでも解放できる曲が10曲です。

「ミラクルコイン」の必要量は少ない上、2曲を除いてツアーモードでプレイ可能になるタイミングは早いので、10作品のアニメ曲はすぐプレイ可能になると思います。

ただし、その2曲は「ツアー」モードの最終盤でプレイ可能になるので、全曲遊ぶには「ツアー」モードのクリアが必須と言えるでしょう。(すぐ終わりますが)

僕がもっとも難しいと思った曲:Your Voice

きんいろモザイクのED曲で「ミラクルコイン」で解放する方の曲。このゲームでほぼ唯一のリズム難曲。

シャッフルリズムとDIVAシステムの相性は悪く、慣れるまでは本当に自分のリズムが合っているかわかりづらく、常にコンボを切らさないかビクビクしながらボタンを押していました。

なかなか難しかった。

評価

  • 物量:2.5/5(普通)
  • 認識性:3/5(たまにリズムが分かりづらいときあり)
  • 総合難易度:2.5/5(普通)
  • ロード時間:3/5(遅くはない)
  • オススメ度:3.8(気になってる人には文句なしにオススメできる)

DIVAシステムなので、目新しさはないけど、収録曲が好きな人なら満足できるであろう良作。

キャラゲーとして

このゲーム撮り下ろしと思われるキャラボイスは多く、「インサートトーク」としてメニュー画面でランダムで流れるボイスや特定の日にのみ再生されるボイスまであるのには驚きますね。

着せ替えコスチュームはゲーム単体では各キャラデフォルト衣装ともう一つの2種類しかありませんが、DLCで各キャラ3種類ずつ追加衣装があります。
しかしモデリングが素晴らしく、各キャラ本当に可愛く作られていて、ダンス映像だけを見ることができるモードはもちろんあるため、推しキャラのDLC衣装を買う価値はあると思います。

ミラクルコインを消費して無駄に?種類が豊富なフィギュアを集めて飾るモードなどは好きな人には楽しめるのかもしれません。

這い寄る混沌。
あっ水着か。ふーん

感想

PS4のDIVAFutureToneDXをプレイして楽しかったので、システムが同じというこのゲームを購入。

曲数は少ないけど、Fullバージョンもしっかり力を入れて作っているし、何よりこれだけの豪華なアニメ作品をよく集められたと感心しました

プレイ前は4作品くらいしか知りませんでしたが、収録曲は大体好きになれました。
特に「のうりん」は全く知りませんでしたが2曲ともかなり好きでしたな。ゆかりんさんとざーさんですよね?いい声してますよね〜。
また、「WakeUp,Girls!」という作品では7人でダンスしてますが、VITAでこれは地味にすごいですよね。

あとこのゲームで唯一男性の声が使われている「コール」システムは流石に吹きました。曲の盛り上げを担う各曲の全力のオタコールは一聴の価値あり。

個人的に、楽曲DLCや新作が出て欲しいとは思うレベルの良作でした。

音ゲー
シェアする
0と1

コメント