タンス貯金箱や簡易レジとして使えるおすすめアイテム「キャッシュケース 簡易金庫 M-20」を使ってみた[レビュー]

雑記

タンス貯金用の(家の中でお金を保管する)ためのアイテムとして「オープン工業 キャッシュケース 簡易金庫 M-20」をAmazonで注文してみました。

僕の想定した使い方、「貯金箱」として使うには思った以上にいい感じのアイテムで感動。

また、それ以外にも持ち運べる小型レジ釣り銭入れなどとしても使える汎用性の高さも兼ね備えているので、お金の管理に関してはかなりの便利アイテムと言えますね。

使い方

箱を開けて中身を取り出すと、中には

  • 本体
  • コイントレー
  • 仕切り板×5

が入っていて、このキャッシュケースは基本的に「本体+コイントレー」か「本体+仕切り板」の組み合わせで使います。

本体となるケース内にコイントレーを入れるか仕切り板を入れるかで2通りのお金の入れ方が出来る優れものなのだ。

どっちの使い方も好きです。

商品の入った箱の裏面には「コイントレーを使った場合フリーマーケットやコミケなんかでレジとして活躍」・「仕切り板を使った場合タクシーの釣り銭入れとして活躍」、などの使い方が紹介されています。

本体+コイントレー

本体にコイントレーを入れると、上段は硬貨入れ、下段は紙幣や通帳入れとして機能する簡易金庫になります。

コイントレーはそれぞれの硬貨がぴったり入る大きさになっていて10枚ずつで仕切られているので整頓しやすく枚数も分かりやすい。

1円5円10円50円100円500円
50枚50枚100枚20枚100枚20枚

ちなみに下段には紙幣が100枚以上は余裕をもって入ります。

10円と100円は二列分の収納スペース。
コイントレーを前にずらすと、奥にお札を立てるスペースも作れる。

フタを閉めると硬貨は上からスポンジで押さえつけられるため、しっかり固定されて持ち運んでもジャラジャラ音がしないのがグッド。

本体+仕切り板

本体に仕切り板を入れて使うと硬貨を大ざっぱに収納できるコインケースとなります。
また、この場合コイントレーを本体外で単独使用して活躍させることも可能です。

そして付属の仕切り板は5枚ですが、仕切り板を入れるための溝は7つ。

6種類の硬貨を入れるために均等に板を入れてもよし、本体を左右に分けるために真ん中に板を入れるだけもよしと、自由な発想で使えます。

どうやって使いこなすのか、それが問題だ。

僕の使い方

基本的には「自分が自由に使ってもいいお金が入った箱」として、いわゆる貯金箱のように使っていくつもりです。

毎月1万円ずつこのケースの中に追加し、ケースに入っているお金の中で娯楽費をやりくり(自分の欲しいものを買ったり、したいことをするために使う)、余った分はそのまま来月に繰り越し…という感じ。携帯代などの支払いは別としてね。

自分は毎月の支払い以外にはあまりお金を使わないので、毎月どんどん一万円~五千円くらいは貯まっていくはず。お金が必要になったらこのケースから必要な分だけ取り出す運用方法で節約にもなろう。
さらにそれとは別に銀行口座にも「自分が自由に使ってはいけない、将来に残しておくための貯金」も毎月貯めていく、二段構えの貯金法なのだ。

このケースには紙幣と同時に硬貨も種類別にわかりやすく貯めておけるのと、お手軽に持ち運べる携帯性・前述したいろんな用途に使える汎用性が今回のキャッシュケース 簡易金庫 M-20購入の決め手でした。貯金箱としてめちゃくちゃ便利!

オープン工業 キャッシュケース 簡易金庫 M-20みんなのレビュー

コメント