音色の品格で音楽力を試す

音ゲー

皆さまごきげん麗しゅう。

かつてPSP(プレイステーションポータブル)で発売されたゲームの中に、「音色の品格」と呼ばれるゲームソフトがございます。
こちらは、音楽に関するクイズに挑戦することで自分の耳の音楽力を試すことが出来る新感覚ゲームとなっております。

音色の品格は、大人の品格。
大人を磨き、音楽センスを高められる、新たな音ゲーが誕生!
楽器、リズム、コードなど純粋な音楽知識が必要な問題や、動物の鳴き声を聞き分ける問題など、様々な感覚を身に着けて、大人の品格を身に着けよう。
問題は2択形式で出題され、回答は全て音声のみ!
一人で品格を確かめることのできる検定モード、二人で競い合える対戦モードがあり、対戦モードでイヤホンを使えば、お互いに再生している音を聞かれること無くフェアな対戦が楽しめる。

PS Store 音色の品格 内容の説明より

…ということで、VITAのPSstoreを眺めていたらこのゲームを発見して300円くらいだったからダウンロードしてみたけど、なんだこれ!?

まず遊べるモードは対戦モードか検定モードしかなく、内容は10~30問(検定モードは20問)の2択音楽クイズに次々答えていくだけです。

「どちらがライオンの鳴き声でしょうか?」
「どちらがGマイナーセブンスコードでしょうか?」
「どちらがPlayStation3の起動音でしょうか?」

AとB二つの音を聴き比べて正解と思う方を選びます。
しかし、答えても正解か不正解かが表示されて、正解ならポイントが追加されるだけで解説とかは一切ありません。

せめて間違ってる方がなんだったのかっていう情報だけでも教えてくれないとあまり勉強にならないと思うのですが。

とりあえず検定モードを初見プレイした結果は377点で自分は「音マスター」でした。

デフォルトのランキングの2位に位置するスコアですが、サンプルスコアでは音痴とか一般人とかのランクもあるようなので、一応音楽の勉強をしている自分としては及第点かな。

そして何回かプレイして仕様を解明しました。

  • 一問につき最大30ポイント
  • 答える時間を長くかけるほど得られるポイントは減少していく

さらにその後、検定モードの20問中、短い時間で19問に正解することで30×19=570ポイントを獲得し、「マエストロ」の上の称号となる「絶対音感」を獲得!

まあ、「どちらがソの音が含まれていない和音でしょうか?」みたいな問題で間違えてるから絶対音感じゃないけどね。僕は一般人なので普通に聴音の問題はむずい。
でも「どちらがド♯の音でしょうか?」のように、単音ならある程度聴き分けられるようになっていたので、数年前と比べたら音感は確実に成長していることを実感出来ました。それが分かっただけでも300円分の価値はあったとしよう。

ちなみに対戦モードでは1つのゲーム機で二人対戦ができます。10問ごとにチャンス問題もあるので音楽初心者VS音楽上級者でも波乱の展開があるかも。

「どちらがイヌの鳴き声でしょうか?」でAが「ワン!」Bが「にゃー」
というような問題もあるのでツッコミながら楽しもう笑

コメント