けいおん!!「放課後ティータイム2」アニメ界の伝説アルバム

音楽

「けいおん!」は、バンドものアニメとして異例のブームを巻き起こし、当時の視聴者に絶大な音楽的影響を与えた伝説級の大ヒットアニメです。

そんなけいおん!の劇中バンド「放課後ティータイム」のフルアルバムとして満を持して発売されたのが、「放課後ティータイム2」というアルバムです。

今作はCD2枚組となっていて、まず1枚目は前から発売されていたシングル曲や、このアルバムで初めて聴ける新曲を収録して、もちろん曲順も練られているという造りでアニメ音楽とは思えない、実在するバンドが出したようなアルバムで大変素晴らしいです。

しかし、2枚目は劇中のお話の展開を再現したアルバムで、スタジオライブバージョンのような音作りになっていて面白いので今回はこのアルバムのディスク2を紹介します。

アルバムの解説

けいおん!!第23話「放課後!」で軽音部の放課後の音楽活動の記録としてカセットテープへ録音していたものがこのアルバムということになります。

ただ曲が収録されているだけではなく、一曲目として導入の役割を持つ「Introduction」や各曲間に軽音部メンバーの何気ないやりとりが収録されていたり、既存の曲もこのディスク2用に新録された音源となっていて、特にコーラスの声のライブ感は必聴。

このアルバム中に流れていくストーリー性と、この一枚特有の若干こもった音質が青春の1ページを感じさせ、…アニメなのでありえないですが、もし成長した彼女らが数年後このカセットを聴いてみた時何を思うのだろう。そんなことを考えながら聴いていると、かつてあった自分の青春ともリンクしてしまう。そんな一枚となっているように僕は感じます。

曲の感想

  1. Introduction 1:06
  2. ふわふわ時間 4:31
  3. カレーのちライス 3:37
  4. わたしの恋はホッチキス 5:40
  5. ふでペン 〜ボールペン〜 4:26
  6. ぴゅあぴゅあはーと 4:45
  7. いちごパフェが止まらない 4:17
  8. Honey sweet tea time 4:45
  9. ときめきシュガー 4:13
  10. 冬の日 3:28
  11. 五月雨20ラブ 4:53
  12. ごはんはおかず 3:35
  13. U & I 5:05

2曲目 ふわふわ時間

けいおん!の代名詞的な最も知名度がある楽曲の一つ

一番でメインボーカルを勤めるのがギターの平沢唯(ひらさわゆい)さんで、二番はベースの秋山澪(あきやまみお)さん。

2019年、令和の時代でもいまだに文化祭で高校生たちによるこの曲の演奏がされているという姿を目の当たりにした時、けいおん!は永遠に不滅であることを悟りました。

3曲目 カレーのちライス

激しいパンクロックにキーボードや平沢さんのボーカルが加わることによって、ガールズバンドの華やかさを演出するという斬新さ。

ある意味放課後ティータイムのスタイルを確立させた重要な一曲。

4曲目 わたしの恋はホッチキス

ギターとキーボードの音色によって爽やかさを感じさせるロックポップス。

バンドにキーボードがいることの強み。この曲のような雰囲気はなかなか出せないですよね〜。

5曲目 ふでペン 〜ボールペン〜

楽器演奏で難しいことをしなくてもロックはこんなにかっこいいという事実を体現していると思う一曲。

特にこの曲の印象的なギターリフは耳に突き刺さります。

6曲目 ぴゅあぴゅあはーと

どこまでも伸びる直球のサビメロディーがとてもキャッチーなシングル曲。

歌詞の通り、飛んでいっちゃうような素敵音楽

7曲目 いちごパフェが止まらない

カレーのちライスのように、このボーカルだからこその魅力をかなり発揮しています。

楽しいバンド演奏で盛り上がる派手な一曲。

8曲目 Honey sweet tea time

キーボードの寿紬(ことぶきつむぎ)さんがボーカルを担当した可愛い一曲。なのでやはりキーボードがフィーチャーされていますが、ギターもいいなぁ

この透明感のある声が個人的に好きで、彼女のキャラソンも全部名曲なので聴くべし!

9曲目 ときめきシュガー

ベースとドラムによる導入よ。また、イントロなどで聴ける二本のギターによるハモりメロディーや、高速ブリッジミュートなど、ギターがかっこいい曲

Cメロ部分により曲の深みがグッと増しているところや、全体的に歌メロがかなり好きです。

11曲目 五月雨20ラブ

一聴して地味かもしれませんが、聴き込むたびに渋いアレンジやメロディーが染みてくるスルメ曲。

最終的にこの曲が一番好きという人も多いんじゃないかな。

最後に

けいおん!楽曲は、アニメ発バンドサウンドの中で僕の中では永遠に不動の一位です。

ちなみにゲーム発バンドサウンドの不動の一位はもちろん前回紹介したMilk Canのアルバムです。

現在では、「K-ON! MUSIC HISTORY’S BOX」(けいおん! ミュージックヒストリーズボックス)というけいおん!楽曲をほぼ網羅した超デッカい12枚組のベストアルバムが発売されているのでそれがオススメですね。(お値段も超たっかいですが。)

また、本アルバム「放課後ティータイム2」の初回限定版には、ディスク2の内容を収録した本物のカセットテープが付属されていて、実際にラジカセで聴けます。
そういった劇中を再現しようというこだわりも本当に面白いと思う。再販売してくれないかしら。

コメント