グーグルアナリティクス「時間吸引の術」

ブログ
前回の記事。

と言うことで今回の1ヶ月はアクセスが若干増えてきたと思われる自分のブログですが、そうなると、アクセスにまつわる情報を把握するために各解析サービスを眺めることが面白くなってくると言うのが人間の性ってものじゃないでしょうか。

しかし、ブロガーの本分は記事を書くこと。もちろん運営しているブログの分析は大事なこととはいえ、その部分で無駄に時間を浪費しすぎるのはよくないですよね。なので今回は自分のしくじりを書いておくことで反省とします。でもブログ初心者なら自分と同じようなことをしてる人は多いんじゃないかなという気はします…。

アクセス解析のいろは

ブロガーの強い味方として情報を管理してくれるサービスの中でとりあえず一日一回、僕が見るのは

  • グーグルアナリティクスのオーディエンス
  • グーグルサーチコンソールの検索パフォーマンス
  • グーグルアドセンスのレポート

アナリティクスのユーザーエクスプローラから把握することができる情報をブロガーの皆さんなら知っていると思いますが、ちょっと面白いんですよね。
期間を昨日だけにして何人のユーザーに来ていただけたのかや、どのページを読んでいただけているのかとか、平均セッション時間が長ければ「読む価値がある記事だったのかな〜」とか、詳細はわかりませんが勝手に妄想して楽しんでいます

サーチコンソールが更新されるのは朝7時〜8時の間くらいが多いので、更新が楽しみなのか最近ではオートマチックに7時に目を覚ましてしまう自分がいました。
実際アクセスの変化を確認することが楽しみなんですけどね。しかし、「ブログのアクセスが増えて喜ぶ」という夢まで見てしまうのは重症ですかね。

そして、サーチコンソールは一日一回の更新のため、しっかり把握してブログの分析という意味で時間を使うのはまだいいとしても、アナリティクスのリアルタイムレポートと、アドセンスのホームに表示される見積もり収益は自動的に現時点での情報に更新・表示され続けるのでこれが時間泥棒で危険なコンテンツだと思っています。

時間の無駄ァ!

アナリティクスのリアルタイムレポートの画面では、直前の30分の間にいくつのページビュー(PV)が発生したのかなどを確認することができます。

リアルタイムレポートのページを開いていると、本当にリアルタイムでPVの動きがわかるのでこれを適当に眺めているだけで面白い。

ブログとはさながら釣りのようだ。待ち続けて大量アクセスが来た時の嬉しさよ。

しかし面白いからって、今の自分のブログで平均して50分に1ページビューが発生するとしたら、5分に一回リアルタイムレポートを見たって仕方がないにも関わらず、アナリティクスのページを開くのやめられないんだけど!

さらに、もしページビューが発生していたらアドセンスの見積もり収益が増えている可能性も1%はあると思うので、そのたびアドセンスページ更新連打なんならページビューが発生していなくとも更新連打

はぁ、これはまったくもって時間の無駄ですね。確認したって何が変わるわけでもあるまいて。
でもごくたまに収益が一気に何円と増えている時もあるからやめられない止められない、更新するまで何が起こるかわからない、シュレーディンガーの収益である!

筆者の考え

…このように、たった少しの更新でも楽しみに、ありもしない変化に期待して時間を無駄にしてしまうことがある。これこそがアナリティクスの「時間吸引の術」。
この時の心の動きは、例えば今ツイッターを開いているのにも関わらず、さらにツイッターを開こうと体が勝手に動いてしまう時、そんな時の心理に近いのかもしれない。要するに暇つぶしとして更新を楽しみにしているに過ぎないと思われるのだ。
昨今インターネットは爆発的に普及し、今では一人一人がインターネットに繋がるキカイを得て、そのさきに広がるSNSをはじめとした様々な世界を以前では考えられない速度で手軽に閲覧する事が可能になった。
つまり、アナリティクスだけではなく、インターネットに繋がった全てのモノが「時間吸引の術」を使ってくる可能性があるということを、インターネット全盛の現代を生きる人間は忘れてはならない。(評論家風)

ブログ
シェアする
0と1

コメント